NFT作成代行サービス
NFTの作成!NFTの出品を全力サポート!

ドル箱路線に投入準備一歩前進!プレスリリースのイメージとは若干異なり扉部への帯貼り付けは見送られた

0

中央快速線グリーン車サービス開始が発表されていますが、各車両センターではグリーン車や普通車トイレを整備するための給水排水機材などが新たに増設、現在運行するE233系0番台10両編成には大宮総合車両センター、東京総合車両センター、長野総合車両センターにてトイレ新設や、車両入れ替えの他、架線から入る高電圧の電気を空調や100V電源などに変換し供給する補助電源装置が中間電動車1両に追加されたりグリーン車組み込み対応改良工事が進んでいます。駅ホームを見ても既存の快速線ホームの2両延長工事が進んでいます。そして今回グリーン車本体が公の場に姿を現しました。神奈川県横浜市にある総合車両製作所で新造されたサロE233-1、E232-1が京急神武寺駅付近まで輸送されたと言う事で訪れて見ることにしました。以前E235系1000番台のグリーン車甲種輸送を同じ場所で見ていますが、今回はオレンジの二階建て車両が留置されています。外観をパッと見た率直な個人的な意見としてはE235系1000番台のグリーン車の色が変わっただけのようにも見えましたが、片引きドアではなく両引きドアが大きな違いかと思います。ブラインドが下がっていて車内は見る事が出来ませんでしたがこの先が楽しみです。しばらくすると車両付近にて作業が慌ただしく行われています、どうやらこの後配属先である豊田車両センターにJR貨物の甲種輸送で向かうようです。逗子駅方面に向かうと言う事なので先回り、途中の踏切で甲種輸送を担当する愛知機関区所属DD200-1号機を見ています。沿線はたくさんの人で賑わっていましたのでなるべく少ない旧山の根踏切付近で見ています。中央快速線グリーン車運行に向けて確実に前進していますので今後がより楽しみです。#中央快速線 #グリーン車 #甲種輸送 #キツネキタ
Twitter
https://twitter.com/kitsunekita0121

>NFTの作成!NFTの出品をサポート!

NFTの作成!NFTの出品をサポート!

グローバルシフト株式会社 092-753-8699 〒810-0042 福岡市中央区赤坂1-10-23 グレースイン赤坂6F 代表取締役 長尾孝太郎

CTR IMG